臨床指標

スーパー救急病棟(精神科救急入院料病棟)に関わる臨床指標(2018年度)

当院は3病棟の認可を受けているため、時間外、休日又は深夜の件数に関してはそれぞれ3病棟分(3倍)の条件が課されています

  • 条件7在宅移行率 …
    80.8%※条件は60%以上
  • 条件8新規患者割合 …
    91.55%※条件は40%以上
  • 条件9非自発入院割合 …
    74.17%※条件は60%以上
  • 条件10措置・緊急措置・応急入院の件数 …
    40件(達成率 200%)※条件は20件以上
  • 条件11時間外、休日又は深夜の受診件数 …
    589件(達成率 131%)※条件は450件以上
  • 条件12時間外、休日又は深夜の初診件数 …
    141件(達成率 157%)※条件は90件以上
  • 条件13時間外、休日又は深夜の入院件数 …
    240件(達成率 200%)※条件は120件以上
  • 条件14時間外、休日又は深夜の入院のうち市町村、保健所、警察、消防等からの依頼件数 …
    130件(達成率 542%)※条件は24件以上

※2018年度の数値です。

外来(2017年度)

外来患者数

年齢層別 年間外来患者延数

ICD-10診断分類別 年間外来患者数

新患(2017年度)

新患数と初診算定数

年齢層別 年間新患数

ICD-10診断分類別 年間新患数

入院(2017年度)

年齢層別 年間新患数

ICD-10診断分類別年間入院件数

ICD-10診断分類別年間退院件数

ICD-10診断分類別年間1日平均在院患者数

分類とカテゴリー

F0
症状性を含む器質性精神障害
F1
精神作用物質使用による精神および行動の障害
F2
統合失調症,分裂病型障害および妄想性障害
F3
気分(感情)障害
F4
神経症性障害,ストレス関連障害および身体表現性障害
F5
生理的障害および身体的要因に関連した行動症候群
F6
成人の人格および行動の障害
F7
精神遅滞
F8
心理的発達の障害
F9
小児期および青年期に通常発症する行動および情緒の障害
その他
Fコード以外